HOME医院の特徴理事長の想いドクター紹介スタッフ紹介アクセス料金表
インプラントスーパーデンチャー噛み合わせ矯正金属アレルギー米国式根管治療クリーニング(予防)スマイルデンチャー


※土曜日はノンストップ診療(17時まで)



金属アレルギー

金属アレルギーとは?

私たちは飲料水や食品の重金属汚染には敏感ですが、口の中の金属には意外に無頓着です。口の中の金属はイオン化して溶け出しやすく、唾液、口腔細菌、血液などのタンパクと結合して抗原性(アレルギー性)を持つようになります。その結果、皮膚炎や肌のシミ・しわなどを生じるようになります。また、口の中の金属は帯電しやすく、ガルバニ電流と呼ばれる微弱電流を生じて、脳活動を混乱させたり、頭痛や関節痛を憎悪させたりします。これらのさまざまな症状を「金属アレルギー」と呼びます。口の中の金属によるアレルギーの危険性はピアスやネックレスによる感作によって発症しやすくなりますが、発症しない場合でも長い期間にわたる金属の体内蓄積によって身体的リスクが増大します。現時点で最も懸念されていることは、口の中の金属のよって免疫力が低下し、老化や発癌が促進されてしまうのではないかということです。

金属アレルギーの原因

金属アレルギーの発現頻度はピアスなどの装飾品による場合が多く、口の中の金属の発症比率は少ないのですが、金属アレルギーとわからないまま慢性的な症状が続いたり、明確な症状が出ないために金属の体内蓄積が進んで状態が悪化する危険性があります。アマルガム(水銀)や保険の銀歯(ニッケル、コバルト、パラジウム)はアレルギーをおこしやすいのですが、金合金であっても、アレルギーを起こす可能性があります。最も安全性の高い素材はセラミックで、純チタンやチタンと金の合金も安全と考えられています。インプラントは純チタンのため安定していますが、特にイオンクリーニングしたインプラントは安心です。

金属アレルギーの問題が生じた理由

歯科と医科が分離されており、口の中の金属が全身に与える影響を深く考慮しないまま、歯科としての有用性のみを追求してきた結果だと考えられます。アマルガムも、そして他の金属も、「虫歯の治療」という点では優れた素材です。ですから、歯科医師は、治療効果や患者さんの経済的負担を考慮して「歯科用金属」を使用し、健康保険制度もそれを後押ししてきました。金属アレルギーが問題化してきた現在では、過去のやり方を見直して、全身的な見地から歯科治療を再構築する必要があると思われます。

金属アレルギーの主な症状

現時点でわかっている金属アレルギーは以下の通りですが、健康の悪化に大きく影響していることがわかります。
皮膚症状(アレルギー反応)
手足のかぶれ・シミ、シワ、肌荒れ、老化・痛み(ガルバニ電流)・・・・・肩こり・ひざの痛み・頭痛 ・神経症状(水銀毒、重金属毒)・憂鬱・立ちくらみ・不定愁訴・自律神経失調
物忘れ ・全身病(病原菌との相互作用)・心筋梗塞・脳梗塞・アトピー様症状・発癌・糖尿病

金属アレルギーの対策

検査 → 治療(ノンメタル歯科治療)→ デトックス(解毒と排泄) の順に行われます。それぞれのステップで歯科医、内科医、皮膚科医、など専門家による診療が行われます。

金属アレルギーの治療

ピアス、ネックレス、指輪などの装飾品を外し、口腔内の金属を完全に除去します。順次セラミックに置き換えていきますが、治療する歯が多い場合には咬み合わせを乱さないように少しずつ進めます。インプラントは部分入れ歯やブリッジと異なり、金属を用いない人工歯冠が可能です。インプラントは純チタン製であるため金属アレルギーを起こしにくいのですが、特にイオンクリーニングを施しているプラトンインプラントは安全性が高いといえます。インプラントが不可能な場合にはオールプラスチック義歯や純チタンやチタン金合金のブリッジを使用します。

金属の部分的除去について

全ての金属を取り除けば安心ですが、費用の問題があります。検査で、電流、溶出傾向アレルギー反応等の数値の高い金属から順にはずしながら、様子を見る方法もあります。

自分でもわかる危険な金属

歯グキや境目の部分が黒ずんでいる、あるいは、入れた時はピカピカだったのに色がくすんできた・・・等は金属が溶出しているケースです。特に、口の中に複数の金属があるとリスクが高くなります。

複数の金属は危険

唾液は電導性が高いために、金属が一本でもガルバニック電流が生じます。特に、口の中に種類の違う金属があると、金属間で強い電流が発生しやすくなります。問題のある金属を一本はずしただけで、症状が一気に改善することがあります。

金属アレルギーとストレス

ストレスがあると金属アレルギーの症状が強くなります。喫煙、薬の常用、不規則な生活など生活全般を見直すことが大切です。自分でできるストレス緩和法としては、自律神経訓練法や呼吸法などがあります。ナチュラルデトックスは、体のバランスを整え、神経の興奮を和らげますから、ストレス発散の点からも金属アレルギー治療に有効といえます。

金属アレルギー治療のためのインプラント

入れ歯のツメやブリッジの金属はアレルギーを起こす可能性があります。歯根に純チタン製のインプラントを用い、歯冠部にセラミックを使えばアレルギーリスクがありません。機能や外見上の問題だけでなく、金属アレルギーの予防の点からもインプラントは有用な方法です。

金属アレルギーとチタンインプラント

チタンは、大気中では酸化チタンの被膜に覆われるために、金属イオンが溶出しません。これが、チタンがアレルギーをおこしにくい理由です。インプラントには、純度99.9%以上の純チタンが用いられます。ブリッジには、チタンと金の合金が使われてきましたが、最近ではジルコニアやファイバーを用いたノンメタルブリッジが普及してきています。

金属アレルギーと矯正

成人の矯正治療中に体の不調を訴えることがあります。多くの場合、矯正用ワイヤーから高い電流が計測されます。治療後はおさまりますが、症状がつらい場合には、ブラケット(歯につけるボタン)をセラミックにかえたり、頻繁にワイヤーの放電を行う必要があります。また、治療によって歯並びだけでなく、咬み合わせのバランスも回復したいものです。咬み合わせの理論のひとつに「シークエンシャル咬合理論」があります。

自分でできるガルバニ電流の放電法

土や木、タタミなどに直接手足を触れると、自然に放電されます。服は、麻や木綿など自然の素材がベストです。化学繊維の服、プラスチック、靴下、手袋、室内スリッパなどは体を帯電させます。

金属を除去する時の注意点

歯から金属を取り除く時に、金属粉が飛び散ると急性アレルギーや金属中毒をおこす危険性があります。金属を取り除く場合には専用の排気システムを使うなど、厳密な治療マニュアルに従った作業が必要です。

金属アレルギー検査

○ 問診、口腔内検査
○ リンパ球刺激テスト(金属溶液に対する血液中のリンパ球の反応をみます)
○ パッチテスト(皮膚に金属片や金属クリーム、溶液をつけて反応をみます)
○ 毛髪検査(毛髪に残留した金属を調べます)
○ 帯電測定:μポテンシャル(歯の帯電圧の測定)
○ 金属溶出度テスト(歯の金属の溶出傾向を電位差で判定します)